04

なぜスマホでポチポチつぶやくか

そういえばブログとかあったな、と思い出したので徒然なるままに書き連ねる。

誰も僕の日常に興味はないと思うが、僕はなにかをつらつらと言葉にすることがすきなのだ。

そして、僕は僕の言葉がすきなのだ。

 

 

昔からよくどうでもいいことを書いていた

小さいころからそばにインターネットがあったので、僕はいろいろなところにとりとめのないことを書き込んできた。

古くはぱどタウン、今はなき2ちゃんねる、その他もろもろのSNSコミュニティ。

特に友達はできなかった。

ただ自分の気持ちを書きたいときに書いていた。

最近は、というかもう8年になるけれど、Twitterに毎日書き込んでいる。

その数およそ5万ツイート。

膨大な時間を捧げて日常をつぶやいてきたし、他人のつぶやいている日常をみてきた。

無駄か無駄じゃないかでいうと、確実に無駄な時間だったけど、つぶやきたかった、言葉にしたかったんだから仕方がない。

僕の日常は、僕が言葉にする程度には価値があった。

 

 

言葉にすることは感情から脳を解放させること

なぜそんなにつらつらとどうでもいい言葉をつむぐことに時間を捧げているのかというと単純に気持ちが楽になるのだ。

思考・感情を言葉にすることは、その思考・感情から脳のリソースを解放させることだと僕は考えている。

 

例えば数学の問題を解くときに、途中の計算式を回答用紙の空白にメモする。

それは、その次のステップで行う計算や思索のために、途中の計算式をアウトプットすることで脳のリソースを解放することだ。

必要な一時記憶を回答用紙という記憶媒体に外注すると考えるとよい。

脳の片隅に「あの途中式の結果は~だ」と記憶しておくよりも「途中式の結果は目の前の紙をみればよい」と意識するだけのほうが他のことに頭をまわしやすい。

 

僕たちは日々いろいろな感情に振り回され、へこみ、嘆き、悲しみ、たまに喜んだりする。

そんな些細な日常に些細な感情でいちいち振り回されるのはたいへんだけど言葉にすることでいくぶんか気持ちが楽になる。

 

感情を言葉にアウトプットする。

感情が外注される。

それだけで社会性を持つ言葉というツールによって個人性が希釈される。

いくぶんか一般的なfeelingになる。

言葉にすることで、属人的な・超個人的な・この世界でたったひとりの僕しか知らない今この気持ちが世界中の人々に伝わるごくごく一般的な「気持ち」になる。

絶対的に僕しかしらないemotionalなこの特別な怒り・嘆き・悲しみが一般化・希釈化されることに幾分かの虚しさはあるが、それよりも感情を吐き出すことで気持ちが楽になる面がおおきい。

 

 

あと、自分の言葉がすき

つらつらとどうでもよいことを書くもう一つの理由は、恥ずかしいけれども、僕は僕の言葉がすきなのだ。

よい文章だとか熱いパッションが含まれているとか微塵も思わないが、僕の文章には僕にしか理解できないリズムがあり語彙があり言葉選びがある。

なぜなら僕が書いたのだから。

その言葉の背景、その言葉の含蓄、果てはその作者のバックグラウンドまで、すべてを把握できるのはもちろん僕しかいない。

文豪のつむぐ精緻な文章もすばらしいが、その文章のすべてを味わうことができる僕の文章は読んでいて心地がよい。

 

 

Twitterとかめっちゃ読み返す

だから結構どうでもいいつぶやきとかでも読み返したりする。

いろいろ思い出してたのしい。

未来をみるよりも過去を振り返ってぼーっとしてるほうがすきだ。

振り返る男なのだ。

 

 

貴様に伝えたいわけではないこのKIMOCHI


THE MATSURI SESSION - KIMOCHI

 

向井秀徳は今このKIMOCHIを貴様に伝えたいらしいが、僕は相手に伝えることよりも未来の僕に伝えたい。

今の僕がどのような状態であったのかを伝えたい。

ごくごく平凡な僕という人物が今この時どのような感情を持っていたのかを未来の僕に伝えたい。

伝わればよい。

伝わってもよい。

 

 

 

 

みたいな気持ちの悪いことを書いていて、

なんだかんだいって僕は僕のことを結構信頼していて好きなのかもしれないと思った。

日常はしんどい。

毎日しんどく、今まで築いてきた日常をぜんぶ捨ててやろうかと思うことさえある。

が、僕は僕の日常をすきではないのであって、本体のほうはなんだかんだいってすきなのだと気づいた。

 

以上。

働くってなんだろうセカンド

f:id:beataraxia:20170508232200p:image

研修中にもふと思い、立ち止まり考えたが答えは出なかった、働くってなんだろう。

最近またふと考える。

働くってなんだろう、なんで働くんだろう。

問いの立て方がそもそも間違っているのは重々承知しているが、何時間も残業をした後、夜道を一人歩いていると考えずにはいられない。

 

僕はなんで働いてるんだろう。

働いて、働いて得たお金が生活費で消えて、それで終わり。

それ以上でも以下でもない。

生活する為に働いて、働く為に生活している。

 

この自転車操業を止めたら、どうなるんだろう。

きっと、生活が立ちいかなくなるわけではないだろう。

無になるのだ。

働くをやめれば生活がなくなり、生活するをやめれば働くがなくなる。

働く→生活する→働くの無限サイクルはどちらか一方を辞めれば、無になるのだ。

ということは、僕が日々過ごしているこの時間は無であってもいいことになる。

無であってもいいはずの時間を日々過ごす僕。

無であってもいいはずの時間を苦しみながら日々過ごす僕。

なら、無でも、いいんじゃないか。

 

上記を一言で表すと「仕事やめたい」になるんだけど、一方で誰かを養うことに突破口を見出せないかと考える。

僕は僕の労働と生活に価値を見出せないけど、他の人が僕の労働に価値を見出してくれるんじゃないか。

誰かの為に働くことができれば、僕の労働も僕の生活も無であっていいはずの時間ではなくなる。

誰かを養うって、自分の時間に価値を見出してもらうことなんだ。

養ってあげたい。僕は僕の好きな人に自分の時間の価値を認めてほしい。

僕の労働に価値を感じてくれる人がほしい。

 

もしくは、仕事やめたい。

無でいい。

労働も生活も無でいい。

価値がないならいっそゼロでいい。

しんどい上でさらに価値がないならいっそゼロでいい。

 

働いて、夜帰ってきて、家事をして寝て起きてまた働く。それで一週間が終わる。

時間とは?僕は僕の時間を生きているはずでは?なぜ朝起きた時に「働きに行く」以外の選択肢がないのか?

何の権利があって、何の契約があって僕の時間を拘束しているのか?

僕の身体は僕の時間は僕自身が所有している。僕のものである。

いつ売ってしまったのだろう。

売って何を買ったのだろう。

 

いろいろ考えても、よくわからない。

何の為に働いているのか。この生活を続けた先になにがあるのか。

なにもない予感がする。なにもないんだったら最初からしなくてよくないか?

 

頭が悪い。よくわからない。

こんなこと考えるなんて頭が悪い。

ロイタイのタイカレーが美味しい

f:id:beataraxia:20170507014708j:plain

ロイタイのタイカレーがめちゃくちゃ美味しいので布教も兼ねて今日はロイタイのタイカレーについて書く。

月一ペースで大量に作り置きをして、タッパに詰めて会社に持っていって食べたりしている。

においがそこそこ強烈なのでお昼に自席で食べているとたまに申し訳無さを感じることがあるが、特に注意をされることもないので遠慮なく食べている。

パクチーももちろん持っていく。くさくてごめんね。

 

 

ロイタイのタイカレーシリーズについて

主にカルディのアジア料理コーナーで見かけることが多い。

たいていのカルディには売っている。

一時期イオン系列のスーパーでも売っていたが現在販売しているかどうかは不明。

1パック198円(税抜)が標準価格だが、ときどきセールで1パック98円(税抜)で売っているので見つけたら迷わず買い置きしておこう。

賞味期限などあってないようなものなので気にしないで大量に買おう。

 

タイカレーにはいくつか種類があって大まかには以下の通り。

  • グリーンカレー:タイカレーの定番。一番辛い。緑色をしている。レモンを絞って食べるとおいしい。
  • レッドカレー:赤い。そこそこ辛い。
  • イエローカレー:黄色い。あまり辛くない。鶏肉とよく合う。
  • マッサマンカレー:世界一美味しい料理と称されたこともあるタイカレー。あまり辛くない。コクのある甘みが特徴。

 

マッサマンカレー=イエローカレー<レッドカレー<グリーンカレーの順に辛い。

個人的にはマッサマンカレーとレッドカレーが好きでよく作る。

グリーンカレーは辛くて継続して食べられないのでほとんど作らない。

グリーンカレーはタイ料理屋にいって「辛さどうする?辛いのオッケー?」とカタコトの日本語で尋ねてくるタイ人に「辛さ控えめで」と言って作ってもらったものが一番おいしいと思う。

あれは家で作って食べるものではない。

マッサマンカレーに関しては人気でよく売り切れているので見かけたら迷わず買おう。

kaldi-online.com

 

 

作り方について

基本的には具材を炒めて、煮込むだけでよい。

普通、タイカレーを作る場合はカレーペーストを炒め具材を炒めココナッツミルクを入れて煮込むというのが定番だが、ロイタイのタイカレーシリーズは最初からココナッツミルクが入っているのでココナッツミルクを別途購入する必要がない。

かんたんお手軽美味しい、最高。

あまり煮込みすぎるとココナッツの香りが飛んでしまうので、火が通りにくい食材(ジャガイモ・肉類等)は事前にレンチンなり炒めるなりして火を通しておき、ペーストを投入してからはひと煮立ちさせる程度にしておく。

ポイント:タイカレーは煮込まない

 

 

具材について

基本的には何を入れても美味しいが、夏野菜+肉という組み合わせが一番美味しいと個人的には思う。

よく使う具材については以下の通り。

  • ナス・ズッキーニ:ナス科野菜はしっかり火を入れるとトロトロになって美味しい。毎回入れる。タイカレーとよく合う。
  • キノコ類(マッシュルーム・しめじ・ヒラタケ等)
  • 鶏モモ肉:イエローカレーのメイン食材。
  • 鶏ムネ肉:マッサマンカレーには鶏胸肉一択。カレー自体にコクが合って甘いのでさっぱりとした鶏ムネ肉とよく合う。
  • 豚バラ肉:レッドカレーのメイン食材は脂身の多い豚バラブロック肉がよい。初めに豚バラを焼き、出た脂でナス科野菜を炒めるとSo Good。肉の美味しさと豚の脂身の美味しさがカレーにプラスされる。おすすめ。

メイン食材として牛肉を選択する場合は、前述の通りあまり煮込む時間を取ることができないので、事前に茹でるなりして柔らかくしておくとよいと思う。

めんどくさいので個人的には牛肉で作ったことはない。

エビやその他シーフードで作ってもおいしいと思う。

ジャガイモは入れても入れなくてもどっちでもいいけど、かさ増し要因で僕は入れる。

リアルタイ人もイエローカレーにジャガイモ突っ込んでたのでタブーではないはず。

 

 

パクチーについて

普通タイカレーではパクチーをいれないと思うが僕はパクチー大好き人間なので入れる。煮込むときにも入れるし、後から生パクチーをトッピングして食べる。

なんか、刺激的になる、タイっぽくなる、おいしい。

最近はパクチーブームでどこのスーパーでも売ってるので気軽に購入できるのがよい。

パクチーを売っているスーパーがない保守的な地域にお住まいの方はカルディで乾燥パクチーを購入してください。

 

 

イナバのタイカレーなんか比じゃないくらい美味しいので、全国民はロイタイのタイカレーを作って食べろ。

以上。

会いたくて震える

youtu.be

 

男が自意識に苛まれた挙句、何も言えなくなってしまった時代に、

女たちは何も気にすることなくストレートに言葉を生み出していく。

言いたいことを言っている。

 

 

www.youtube.com

薄っぺらい歌詞ばかり書くと、「会いたくて震える」西野カナがバカにされているけれど

薄っぺらい言葉しか届かない人たちもいる。

 

文学的な重みのある言葉や、内面の危機から絞り出されたような言葉もよい。

重さのある言葉を受け止めることができる人たちにとっては、刺激的に感じられるだろう。

しかし、そんなに強い人間ばかりではない。言葉を咀嚼するのにもパワーがいる。

理解力がなかったり、心が弱っていたり、言葉を咀嚼する楽しみを持てない人もいる。

 

文学的重厚さがなくても、解釈する楽しみがなくても、言葉は優劣なく、言葉である。

薄っぺらい言葉もよい。ストレートで力強い。

何より、弱者に届けることができる。

言葉にたいして、もっと素直になっていいんじゃないか。西野カナみたいに。

 

www.youtube.com

 

含蓄があり比喩的な言葉は詩的であると言われる。

一方で、誰にでも理解できる語彙で、素直に心情や考えを表した言葉も、詩としての価値がある。

詞だからって身構える必要はない。

女性のほうが、そのことをよく理解しているんじゃないかと、最近の音楽を聴いて思う。

 

自分の気持ち、そんなに武装した言葉で表現しなくても、いいんじゃないか。

ポキっとイッてしまった

諸事情があって現在福島県のビジネスホテルで引きこもりをしている。

そろそろ社会的に死にそうな気がしている。

 

ことの発端は、研修と称した一ヶ月の強制労働である。

福島県に連れてこられ、ホイ今日から一ヶ月はここがお前らの職場だホイ働けと言われ、ツナギとヘルメットを着用し働くことになった。

 

精神面でも肉体面でもつらく厳しい日々であったが、20日間は耐えた。

しかし、残り10日間となったところでダメになった。

朝ごはんを食べながら、数十分後に味わうドナドナ感、絶望感を思うと「もうええわい」となってしまった。

このあたりが僕の心の弱いところである。

部屋に戻り「すみません、今日は身体の調子が良くないので休みます」と電話をしてそこから数日、仕事に行っていない。

 

噂に聞くところによると、相変わらず激務であるらしい。

そして、たいして動きもせずしんどいしんどいと言うだけ言うて姿を消した僕に対し同じ研修生からヘイトが集まっているらしい。

 

今後のことを考えると良くないのはわかっている。

でも、もう、今更仕事に行けないのである。

有給はそろそろ使い切ったのではないか。

欠勤は給料と人事考査に響く。

研修で逃げ出したやつというレッテルも結構響く。

でも、もう、行きたくないんだからどうしようもない。

 

同じく東北で強制労働に従事している同期に連絡をすると、とりあえず病院に行けとのことだったので、

近くの整形外科に行き「もう仕事に行きたくないです」と言うと

筋肉痛&腰痛で一週間の休養が必要だという診断書を書いてくれた。

「もう身体が限界なんやな、しんどいんやな、一週間休みなさい、それから、自分が仕事を続けるかどうか考えなさい」というようなことを

お医者さんは言ってくれた。

福島県にきて、はじめてかけられた優しい言葉だった。

よし、一週間休もうと思った。

 

はじめはビジホに男を連れ込んだりして遊んだりもしたがそれも飽きた。

最近はずっと寝ている。

この代償はいつ払うことになるのかと考えるとこわくてしかたない。

社会人としてかなり大きなタブーをおかしてしまっている気がする。

自分の将来がこわいくせに頑なに引きこもる。完全にニートの思考である。

アホである。

 

先日、福島県で大きな地震があった。

親、上司、友達、先輩、いろいろな方が大丈夫かと連絡をくれた。

地震は大丈夫か、あと少しだからお仕事頑張ってね。

実は心が折れてビジネスホテルで引きこもりをしていますとは言えなかった。

 

昔から嫌なことからはすぐ逃げるタイプだったが、

社会人にもなってこんな情けない事態を自分が引き起こすとは思わなかった。