04

僕は僕が支配する

「ミソる」という言葉がある。過去にあった嫌なことや恥ずかしかったことを突然思い出し、奇声をあげることを意味する言葉だ。

295 名前:優しい名無しさん 投稿日:04/10/30 02:34:32 Uzdnc0AF
夜中静かな公園でサボテンピクピク!って叫んだら10分後ぐらいに通報されたらしく警察に尋問されたな
そんなこと思い出してまたミソッミソッ!

【死ねっ】 思い出し奇声 PART12【ミソッミソッ】


チック症や汚言症、アスペ、鬱、フラッシュバックなど様々な病名が原因として挙げられているが、実際のところよくわからない。
最近は、僕もこの「ミソる」症状に悩まされている。
一人でやるぶんにはどれだけ奇声をあげようとも構わないが、問題は奇声がところかまわず突然やってくることだ。
突然、嫌な思い出が頭の中にやってきて、その記憶を振り払おうと思わず奇声が出てしまう。
オフィスにいるときや、人と一緒にいるときは大変だ。幸い、まだ大惨事になったことはないけれど、危なかったことは多々ある。
ぼーっと考え事をしているときに多く、最近はもう、仕方がないから、知り合いがいそうもなく、一人で歩いているときなどは遠慮なくアーアー言ってるのである。
誰しも、一度は街でぶつぶつつぶやきながら歩いている変な人を見たことがあるだろう。あれは、まさしく「ミソって」いる人だ。僕も同じだ。


鬼束ちひろの「眩暈」を聴いて、そのことが思い浮かんだ。
彼女が歌っているのが奇声のことなのかどうかはわからないが、なにかしらの(精神的)「案件」を抱えている人にとって、それは「突然やってくる」のだ。
彼女はそのことを「悪魔が来る」という言葉で表現する。

www.youtube.com

今は貴方のひざにもたれ
悪魔が来ない事を祈ってる
ねぇ「大丈夫だ」って言って


頭の中の主人は、僕だ。
僕の身体、脳、人格は、常に僕が支配する(内臓器官や不随意筋は僕の意識外にあるが、それでも支配権は僕が握っている)。
しかし、やつらは、主人の許可なく、突然やってくる。
僕の支配権を一時的に奪って、僕の脳を操作する。


www.youtube.com

喧騒に混じってあたしに残忍な過去が
突然飛び込んで来たとしたら
一番正しい行動はどれ?
その場で膝突き泣きじゃくるあたしを認めていいの?
「何一つ臆することなどはないと」


女王蜂のアヴちゃんも言っている。過去が「突然飛び込んでくる」と。

「悪魔」や「残忍な過去」に怯える女たちの歌を聴いて、僕は思う。
「悪魔」や「残忍な過去」に限らず、何かしらの精神的症状を抱えている人にとって、それらは「突然やってくる」ものなのかもしれない。
それらは「突然飛び込んでくる」ものなのかもしれない。
そして、その「突然やってくる」感覚は、大なり小なり、なにかしらの案件を抱える多くの人に共通しているのかもしれない。