04

心の中の洋次郎

僕だけじゃないと思うんだけど、みんな心の中に一匹は洋次郎飼ってるよね?

 

www.youtube.com

思春期は洋次郎(とELLEGARDEN)しか聴いてなかったと言っても過言ではないぐらい、昔は洋次郎が好きだった。

その名残で今も「ふたりごと(一生に一度のワープ ver.)」はそらで歌える。

みんなそうだろ。

恥ずかしがらずに言え。

僕らの時代はみんなそうだったろ。

 

しかし、やはり精神が大人びてくるにつれて、

次第に心の中の洋次郎は鳴りを潜めるようになる。

洋次郎、あんなダサい音楽、聴けるかよ。

「一生に一度のワープをここで使うよ」って、なんだよ。

今度は「僕が総理大臣になったら」とか言い始めたぞ。

 

でも、たまに出てくる。洋次郎しんでない。まだ現役で生きてる。

ちょっと心が弱った時に、無性に洋次郎を呼び出したくなる。

 

あいつ、変なことばっかり言ってるけど、根はいいやつなんだよ。

それは知ってたんだけどな。

普段から聴くほど、脳内お花畑じゃねえんだよ。

本物の洋次郎みたいに、脳内お花畑じゃ生きていけないんだよ、僕たち庶民は。

 

でも、いざってときに、いないと困るんだな。

だから、心の中の洋次郎、追い出すわけにはいかないんだな。

一回住み着くと、追い出すわけにはいかないんだな。

 

最近、「君の名は。」の流行りに乗って、音楽を担当したRADWIMPSの名前を

よく聞くようになった。

youtubeで「なんでもないや」を聴いてみたら、弱ってるわけでもないのに

心の中の洋次郎が疼いてきた。

思春期に洋次郎を通ってきた人だけじゃなく、

映画をみた1000万人全員に洋次郎が住み着くようになるんじゃないかと思った。

 

恥ずかしがらずに言え。

君の名は。」を鑑賞したお前の心のなかにも、もう既に洋次郎が一匹いるだろう。

 

そのうち、日本人全員が心のなかに一匹、マイ洋次郎を飼うようになるんじゃないか。