04

働くってなんだろうセカンド

f:id:beataraxia:20170508232200p:image

研修中にもふと思い、立ち止まり考えたが答えは出なかった、働くってなんだろう。

最近またふと考える。

働くってなんだろう、なんで働くんだろう。

問いの立て方がそもそも間違っているのは重々承知しているが、何時間も残業をした後、夜道を一人歩いていると考えずにはいられない。

 

僕はなんで働いてるんだろう。

働いて、働いて得たお金が生活費で消えて、それで終わり。

それ以上でも以下でもない。

生活する為に働いて、働く為に生活している。

 

この自転車操業を止めたら、どうなるんだろう。

きっと、生活が立ちいかなくなるわけではないだろう。

無になるのだ。

働くをやめれば生活がなくなり、生活するをやめれば働くがなくなる。

働く→生活する→働くの無限サイクルはどちらか一方を辞めれば、無になるのだ。

ということは、僕が日々過ごしているこの時間は無であってもいいことになる。

無であってもいいはずの時間を日々過ごす僕。

無であってもいいはずの時間を苦しみながら日々過ごす僕。

なら、無でも、いいんじゃないか。

 

上記を一言で表すと「仕事やめたい」になるんだけど、一方で誰かを養うことに突破口を見出せないかと考える。

僕は僕の労働と生活に価値を見出せないけど、他の人が僕の労働に価値を見出してくれるんじゃないか。

誰かの為に働くことができれば、僕の労働も僕の生活も無であっていいはずの時間ではなくなる。

誰かを養うって、自分の時間に価値を見出してもらうことなんだ。

養ってあげたい。僕は僕の好きな人に自分の時間の価値を認めてほしい。

僕の労働に価値を感じてくれる人がほしい。

 

もしくは、仕事やめたい。

無でいい。

労働も生活も無でいい。

価値がないならいっそゼロでいい。

しんどい上でさらに価値がないならいっそゼロでいい。

 

働いて、夜帰ってきて、家事をして寝て起きてまた働く。それで一週間が終わる。

時間とは?僕は僕の時間を生きているはずでは?なぜ朝起きた時に「働きに行く」以外の選択肢がないのか?

何の権利があって、何の契約があって僕の時間を拘束しているのか?

僕の身体は僕の時間は僕自身が所有している。僕のものである。

いつ売ってしまったのだろう。

売って何を買ったのだろう。

 

いろいろ考えても、よくわからない。

何の為に働いているのか。この生活を続けた先になにがあるのか。

なにもない予感がする。なにもないんだったら最初からしなくてよくないか?

 

頭が悪い。よくわからない。

こんなこと考えるなんて頭が悪い。